トレッキングシューズの選び方と合わせ方|靴・ブーツ

トレッキングシューズの選び方と合わせ方|靴・ブーツ
トレッキング用の靴

トレッキングの道具の中で一番選ぶ時間を費やしたいのがトレッキングシューズです。

自分に合ったトレッキングシューズを手に入れられるかどうかが、トレッキングの楽しさを左右するといっても過言ではありません。

トレッキングシューズに必要な条件とは

足場の悪い山道で捻挫や骨折から守ってくれるのが、足首までホールドしてくれるアッパー部分です。厚みがあって固めのソールは、ゴツゴツした岩場でも安定した歩行を可能にしてくれます。

そして外からの浸水を防ぎ、長時間歩行によるムレを軽減してくれるのがゴアテックスに代表される透湿性に優れた素材です。

これらすべての性能は、安心して快適にトレッキングをする上で欠かせないものです。

ハイカット?ミッドカット?

ハイカット・ミッドカットのトレッキングシューズトレッキングシューズはハイカットの方が安全性が高い

ミッドカットのトレッキングシューズも多数登場していますが、ケガ防止を第一に考えるならハイカットがベストです。

トレッキングシューズを履きなれていない人は足首の自由がきかないことに違和感を感じるかもしれませんが、1時間も歩けばすぐに慣れますし、紐の結ぶ硬さで自由度は調節が可能です。

長時間歩いても足首が痛くならないようにアッパー部分が柔らかい物を選ぶといいでしょう。

ソールの硬さ

歩きやすさを選ぶならアッパー部分、ソール共に柔らかい物がいいのですが、耐久性に不安があります。初心者のうちはあまり険しい山道に行かないので、歩きやすさを優先して選びましょう。

トレッキングシューズのフィッティング

人の足は夕方にかけて大きくなるので、できるだけ午後の時間帯にフィッテングしましょう。

ブーツに足を入れたら、かかとを立てて強く地面に押し当ててください。この時、つま先に1cm程度のスペースが開いているのがベスト。

このまま動かさずに、つま先から足首にかけて紐をキツめに締めていきます。靴紐を結んだら、しばらく歩いてみて全体的に違和感がなければ問題ありません。

歩き始めて間もなく、つま先が少し当たるようなら大きめのモノに、爪先立ちをしてみて、かかとにスペースが出来てしまうようなら小さめのモノに変更してみましょう。

インソールで快適度は倍増

トレッキングシューズ用のインソール

販売されている靴にも簡易的なインソールが入っていますが、飽くまでも簡易的なものと考えましょう。

特に海外製の靴に入っているインソールは、購入後に自分でインソールを変えて履くことを前提にしているので、すぐにクッション性が無くなるインソールが多いです。

安くても自分にあったインソールに入れ替えることでブーツが全く別物に生まれ変わるくらい快適さがアップしますよ。

オススメののトレッキングシューズ

具体的に何を選べばいいの?

グッズ選びの知識が無い初心者にも安心の「これを選んでおけば間違いない!」というトレッキングシューズを紹介します。

厳選トレッキングシューズはこちら→トレッキングにオススメのトレッキングシューズ

次は 1泊トレッキングに必携!キャンプ地で大活躍するサンダル

このページを見た人はこんなページもチェックしています

トレッキングのはじめ方
装備と道具一覧と選び方
計画の立て方
トレッキングのルールとマナー
当日役立つ知識とテクニック
危機管理と保険について
みんなが見てるページ
ベスト5
千ヶ峰(せんがみね)
千ヶ峰

難易度:中級者

尾瀬のトレッキング・ハイキングコース情報|服装、関東、群馬
尾瀬

難易度:初心者

蔵王のトレッキング・ハイキングコース|服装、東北、山形
蔵王

難易度:初心者~中級者