完璧な防寒対策のためのトレッキングウェア選びの3つのポイント

完璧な防寒対策のためのトレッキングウェア選びの3つのポイント

アウターはダウンやフリースを使うこともできますが、雪山を登るのでなければゴアテックスのレインジャケットを兼用する形がオススメです。

ここでは、その下のミッドレイヤー・ベースレイヤーに採用する防寒着について、3つの選び方のポイントをご紹介します。

乾きやすい繊維を選ぶ

山の中は湿度が高い場所が多く、ウール素材のセーターは外からの湿気を吸い取ってしまいます。

ウールを採用するのは濡れる心配のないベースレイヤーだけにしましょう。

ミッドレイヤーにオススメなのはインサレーションと呼ばれる商品です。

このインサレーション、中綿が化学繊維のものは急な雨で濡れてしまっても水分を絞れば保温性が復活します。

透湿性にも優れているので、汗をかいてもウエア内部をドライに保ってくれます。

薄手で重ね着しやすいものを選ぶ

トレッキングウェアは重ね着(レイヤリング)がしやすいように生地が薄手で保温性のあるものを選びましょう。

山での防寒対策は、重ね着が基本です。それは、温度変化の激しい環境下で、柔軟に調節が効くという大きなメリットを手に入れることができるからです。

普通のフリースは保温性は優れていても厚手のものが多く重ね着が大変ですが、マイクロフリースと呼ばれる薄手のフリースなら山での防寒着として重宝します。

また、ミッドレイヤー以上に採用するウェアは、着脱がしやすいように、裏地のがツルツルしたものを選びましょう。重ね着した時の動きやすさにも大きく影響しますよ。

コンパクトに収納できるものを選ぶ

薄手で軽量、かつコンパクトに畳むことができ、ザックの中でスペースを取らないものを選びましょう。

保温性に優れているといっても、一般的に売られているダウンジャケットは、かさばりすぎてしまうので要注意です。

トレッキング用のインナーダウンは、ポケットなどの余分なものを一切無くしたものが多く、コンパクトに運べるようになっています。

次は なぜかよく見る襟付きシャツってトレッキングに適してるの?

このページを見た人はこんなページもチェックしています

トレッキングのはじめ方
装備と道具一覧と選び方
計画の立て方
トレッキングのルールとマナー
当日役立つ知識とテクニック
危機管理と保険について
みんなが見てるページ
ベスト5
尾瀬のトレッキング・ハイキングコース情報|服装、関東、群馬
尾瀬

難易度:初心者

八ヶ岳のトレッキングコース|服装、装備、長野
八ヶ岳

難易度:初心者

日光白根山のトレッキングコース|服装、関東、群馬
日光白根山

難易度:初心者