Sirio(シリオ)P.F.662-GTX

Sirio(シリオ)P.F.662-GTX
日本生まれでありながら、職人技術を求めてイタリアで生産を行うこだわりのメーカー「Sirio(シリオ)」の人気モデル「P.F.662-GTX」です。

日本人向けの幅広サイズ

662-GTXの幅は3サイズから選ぶことができ、幅広の足が多い日本人に嬉しいサイズ展開になっているのがシリオ最大の特徴と言えます。

つま先が当たるのが怖くていつも大きめを選んでしまう人は、自分のジャストサイズで幅が広いものを選ぶと、不思議なくらいフィットするのに気がつくでしょう。

662-GTXはジャストサイズで選べるので、無駄につま先が余ること無く、荒れた山道でも足運びが大幅に楽になります。

殆んどの人は3e+という幅でフィットします。4eまでありますがかなり幅広の人に対応するサイズになります。

これが本当の山デザイン

ヌバックレザーと落ち着いたグリーンが本格トレッキングシューズを演出する Sirio(シリオ)P.F.662-GTX
662-GTXのデザインは本格登山靴というだけあって落ち着いたフォレストグリーンで、ヌバックレザーが高級感を演出します。

金属のフックによる摩耗で紐が切れることがあるので、必ず替えの紐を携帯しておくようにしましょう。

落ち着いたデザインの662-GTXは紐の色次第でも大きく印象が変わるので、赤や黄色の紐に変えてみても楽しめますよ。

汚れても傷がついても味が出てくる本格トレッキングシューズなので、デビューから何年も使うことができます。

本格トレッキングまでこれ一足で

ゴアテックスで雨に強く、内部はドライに保つ Sirio(シリオ)P.F.662-GTX
アッパーはもちろんゴアテックス仕様で、外からの浸水を防ぎつつ内部のムレを防ぎます。

固めのソールは、荒れた山道でも重いザックの重量を安定して支えることができ、定番のビブラムソールもシリオオリジナルのトレッドで、濡れた岩場でも高いグリップ力を発揮します。

価格は本格トレッキングシューズならではですが、長い時間を共に旅するパートナーとして「662-GTX」は非常に心強く、この上ない1足になること間違い無しです。

このページを見た人はこんなページもチェックしています

トレッキングのはじめ方
装備と道具一覧と選び方
計画の立て方
トレッキングのルールとマナー
当日役立つ知識とテクニック
危機管理と保険について
みんなが見てるページ
ベスト5
富良野岳のトレッキングコース|服装、北海道、富良野
富良野岳

難易度:初心者~中級者

巻機山のトレッキングコース|服装、関東、群馬新潟
巻機山

難易度:中級者

鹿が群れ遊ぶ日本の秘境「大台ヶ原山(おおだいがはらさん)」
大台ヶ原山

難易度:初心者