トレッキングの最重要マナー「挨拶」

トレッキングの最重要マナー「挨拶」

普段は知らない人に挨拶なんてしない人も、山ではすれ違うたびに「こんにちは」と挨拶をする。

初めて山に足を踏み入れたトレッキング初心者には不思議に映る光景かもしれませんが、山では当然のマナー。そしてそこには都会の挨拶にはない安全のための深い意味があるのです。

安全確認の「挨拶」

トレッキング初心者のあなたが、別のトラッカーに追い越される時、当然のように「こんにちは」と挨拶を交わします。

追い越された後、あなたはケガをして、一人で身動きが取れなくなったとします。携帯の電波も届かず、装備も充実していないあなたにはどうすることもできない状況です。

一方、追い越したトラッカーは先に山小屋に到着し、しばらく休憩をします。ところがしばらくたっても追い越したはずのあなたがやってこない。

そこで、追い越したトラッカーは警備隊やボランティアに連絡を入れておいてくれるのです。

何気ない挨拶も、山では存在確認という貴重な情報交換の手段なのです。

メンタルを支える「挨拶」

必要以上の荷物を持っていったことで疲労が溜り、挫けそうになった時、別のトラッカーからかけられる「こんにちは、頑張りましょう」の一声は、なんとも不思議なパワーを貰えるものです。

当然、あなたの発する一声も、他のトラッカーに大きなエネルギーを与えることができます。

何も無い山の中だからこそ、人が人を支える力を肌で感じることができます。これもトレッキングならではの貴重な体験ですね。

自然を守る「挨拶」

挨拶を交わすことで、沢山の人達が自然の中でルールとマナーを守っている様子を目にするようになります。

一人ではついついやってしまいそうなルール違反も、沢山の人と挨拶を交わすだけで共通財産である自然を守ろうとする意識が強まります。

次は トレイルでのマナー&ルール

このページを見た人はこんなページもチェックしています

トレッキングのはじめ方
装備と道具一覧と選び方
計画の立て方
トレッキングのルールとマナー
当日役立つ知識とテクニック
危機管理と保険について
みんなが見てるページ
ベスト5
活火山が創りだす大自然「阿寒岳」のトレッキングコース
阿寒岳

難易度:初心者

高尾山のトレッキングコース|服装、関東、東京
高尾山

難易度:初心者

伊吹山のトレッキングコース|服装、関西、岐阜
伊吹山

難易度:初心者