トレイルでのマナー&ルール

トレイルでのマナー&ルール

狭いトレイルでのスレ違い

基本は「上り優先」です。でも、こちらが初心者だとわかると積極的に道を譲ってくれるトラッカーも多いので、そんな時はあまり遠慮しすぎず、臨機応変に対応しましょう。

道をゆずる時は周りの植物を踏み潰さないように気をつけましょう。

山小屋での休憩

バックパックはじゃまにならない場所に置き、混んでいるときはできるだけ仲間でまとまり、他の人に場所を開けましょう。トイレが有料のところも多いので使用したら必ず代金を支払いましょう。

山頂

山頂は場所が狭くなっていることが多く、人が多い時は記念撮影で待っている人もいるくらいです。デジカメで撮影する際もグループで1つにして、できるだけ早く場所を開けましょう。

警備隊・ボランティア

危険の多いコースでは、山岳警備隊が巡回していたり、ボランティアが自然保護の活動を行なっていたりします。出会ったときは挨拶をして、アドバイスには素直に耳を傾けましょう。

音楽

mp3プレイヤーなどで音楽を聞きながら歩いている人も見かけますが、落石や遠くからの声に対して注意がおろそかになり危険です。

人の接近に気づかず、別の人に迷惑をかけることにもなるので歩くときは自然の音に耳を傾けましょう。

トレイル上の沢

トレイル上の沢は、開けた風景と涼しい風が体を癒してくれる絶好の休憩場所です。汚れたものを洗う場合はできるだけ下流に移動して行いましょう。

次は トレッキングの行き帰りの交通機関でのマナー

このページを見た人はこんなページもチェックしています

トレッキングのはじめ方
装備と道具一覧と選び方
計画の立て方
トレッキングのルールとマナー
当日役立つ知識とテクニック
危機管理と保険について
みんなが見てるページ
ベスト5
イワオヌプリのトレッキングコース|服装、北海道、装備
イワオヌプリ

難易度:初心者

大峰山(おおみねさん)
大峰山

難易度:中級者

千ヶ峰(せんがみね)
千ヶ峰

難易度:中級者