トレッキングをはじめるにはいくらお金がかかるの?

トレッキングをはじめるにはいくらお金がかかるの?

良い道具をそろえようとしたら10万円あってもお金は足りませんが、工夫次第でいくらでも初期費用を抑えることができます。

一度道具をそろえてしまえば、その後トレッキングを楽しむ上で大きなお金はほとんどかかりません。ゴルフなどに比べてお金の負担が軽いので、長く続けていくことができる趣味としても最適です。

道具をそろえるためにかかるお金は?

トレッキングの道具をそろえるのにかかるお金っていくら?

ネットで探せば、2万円~3万円程度でも必要な道具をそろえることができてしまいます。

もっと金額を抑えたいなら中古品を狙うという手もありますし、ショップに行くと道具一式をレンタルできるところもあります。

実際に登山を始めて10年以上の方に、最初にそろえた装備と金額を聞いてみたところ、以下の通りでした。

装備・道具金額
トレッキングブーツ6,000円
ザック(中古のデイバッグ)3,000円
レインウェア(雨具・汎用品)500円
トレッキングポール(杖)2000円
ボトル(水筒)1000円
ズボン1,000円
シャツ(混紡)500円
帽子1,500円
防寒具(ウインドブレーカー)2,500円
合計18,000円

トレッキングには楽しみ方の幅がありますので、お金をかけずに軽装で楽しめるコースからはじめるのもいいでしょう。

トレッキングに出かけた時にかかるお金

トレッキングにかかるお金っていくら?登山列車やロープウェイにもお金がかかります。

かかるお金のほとんどはトレッキングコースのある山に行くまでの交通費です。

山での食事や宿泊には少額のお金しかかからないので、近場で楽しめるところを見つけていけば、費用はかなり安く抑えられます。

保険については加入しておくことをオススメします。商品によっては携行品にも適用されるので、急な雨でデジカメが壊れても安心です。

項目金額
保険500円~10000円/年
宿泊代500円~1万円弱/泊
駐車場無料~1000円/泊
食費2000~3000円
交通費距離に応じて

その他

サークルに加入した場合は月々の会費、ガイドを依頼したりツアーに参加する場合は、その都度費用がかかります。

次は トレッキングに必要な体力(持久力)とは?

このページを見た人はこんなページもチェックしています

トレッキングのはじめ方
装備と道具一覧と選び方
計画の立て方
トレッキングのルールとマナー
当日役立つ知識とテクニック
危機管理と保険について
みんなが見てるページ
ベスト5
那須岳のトレッキングコース|服装、関東、栃木
那須岳

難易度:初心者

谷川岳のトレッキングコース|服装、関東、群馬
谷川岳

難易度:上級者

箱根のトレッキング・ハイキングコース情報-服装、見どころ
箱根山

難易度:初心者